So-net無料ブログ作成
検索選択

超うっすい話 [その他]

えー、なんとか抜けた魂も無事戻ってきたようです。

小栗ネタじゃ全然なかったわけなんですけど、
なぜ裏じゃなくてこっちに書いたかといいますと、
もともとは旬くんにうす~く関連したことを書こうと思ってたんですよ。
それが、あまりの衝撃にあんなんになってしまいました。(笑)

さて、それではそのうす~い関連ネタを。
先に言っときます。本当に薄いですよ。

先日、その魂が抜けた日ですね。
三谷幸喜作品の音楽を担当していることでお馴染みの、
服部隆之氏のコンサートに行って参りました。

非常に意外でしたが、今回が初のコンサートという服部氏は
かなり緊張している様子で、MCはメタメタだったんですけれど(笑)、
日本フィルの演奏で聞く『組曲 王様のレストラン』や
『ベト7 JASSバージョン』は、良かったですよ。
のだめオケより上手だし。(当たり前か)

そのコンサートのゲストに、蜷川さんのハムレットで
旬くんと楽屋が同室だった井上芳雄さんが
スペシャルゲストとして出演されました。
ね、うっすいでしょ。(笑)

スラリとしたお姿に真っ白なスーツ姿で登場。
旬くんが類をやろうと佐野をやろうと“王子”とは思えませんが、
井上さんは王子と呼ばれても違和感なしです。
案の定劇場を出たところで
「王子が…」とお話されているグループがいらっしゃいましたので、
ファンの間ではそう呼ばれているのでしょうか。

First Stageによれば、ハムレットの“漫画喫茶小栗”な楽屋で
一心不乱に編み物をされていたという井上さんですが、
うん、編み物しててもおかしくないです、許します。

アンコールでは山崎まさよしさんも登場し、
“山崎氏のギター+服部氏のピアノ+オケ”という
なんとも贅沢な歌を聴くことができたのですが、
これ、ファンの方は聴きたかっただろうなー。
まあ、事前になんらかの噂はあったんじゃないかと思いますけどね。
チケットは完売だそうですし。

ポップスのコンサートや舞台の場合、
幾度かのアンコールの後、幕が降りて客電が点き、
場内アナウンスがあって終了、ということが多いのですが、
今回は東京芸術劇場というクラシックのための劇場なので
幕がないんですよね。
通常のクラシックのコンサートであれば当然なのですが、
今回のように純粋なクラシックではなく、
客層も多様、主役が仕切れない、という状態では、
どうにも最後がシマらず、グダグダ感が漂ったままで、
きちんとした構成、打合せは大切だなと思った次第。
ゲスト困らせてどうするよ。(笑)

次もこの手のゲストを呼ぶのであれば、
きちんとした仕切りができるまで、
幕がある会場にした方がいいと思うよ、服部さん。

というわけで、予告どおりうっすい話でした。
ちなみに、このコンサートの詳細は下記ご参照下さい。
http://www.japanphil.or.jp/cgi-bin/concert.cgi?action1=preview_details&seq=335

TVカメラも入っていたし、TBSからお花も来てましたので
どこかで放送されるかもしれません。
興味のある方は、気に留めていていただけるといいかと。
nice!(0)  コメント(5)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 5

ぴょんきち

なかなか豪華なコンサートだったんですね
でも、一番気になるのは服部さんのメタメタぶりかも
ちょっと面白そう(^o^;)

私の場合、花沢類の白スーツ姿だけは旬くんが王子に見えるかな
井上さん、二代目ニットの貴公子といった感じかしら('-^*)/
by ぴょんきち (2008-04-03 12:48) 

きゃんち

芳雄ちゃんのフェルゼン見たさに「マリーアントワネット」行きました
でもたいした出番でなくて・・・

ルドルフ、ウェディングシンガー、ロマンスなど見たかったけど
東京ばかりですねぇ、ミュージカル見てみたいのになぁ

上品で育ちが良くてお行儀良くて頭の良い正真正銘王子です
レアティーズとオフィーリアの仲の良い兄妹好きでした
あんな兄妹でいちゃいちゃせんやろ、と思いつつ愛らしかったなぁ

もう蜷川演出で舞台に立つことはないのでしょうか、
是非芳雄ちゃんのリベンジみたいところです

by きゃんち (2008-04-03 20:10) 

れみりん

お久しぶりです~
ただいま春休み中、コメを入れようにも、邪魔されることが多く、なかなかブログめぐりもできず・・・次へ行こうと思うと、「パソコンしないであそんでぇ~」の叫び声・・・大変です(^^;

素敵なコンサートに行かれてたんですね。
でも、MCはダメだったのね、服部氏・・・
にゃんさんしっかり突っ込んでくれているので、旬君からはかなり離れていてうっすい話って書いてられたけど、とても楽しく読ませて頂きましたよん♪

私は、今日は、お墓まいりと、「花沢類邸」にいってきました。naruheso7ちゃんと・・・
類はいませんでしたが(当たり前だけど)、雰囲気だけでも充分味わえたので、良かったです(^^)V

帰ってきたにゃんさんの鋭い突っ込みをこれからも期待しておりますぅ♪

前の、子供服話、良くわかります・・・でも、ほんと高いですよね。
因みにブランドは、シモネッタ、モナリザ、シャーリテンプルとかだったのでしょうか・・・私以前に子供のバッグで、上記のブランドのどれかで、5万8千円っていううのをみて、思いっきり退いた経験がございます(^^;
私のバッグより高いやん!!って、主人と話した事、忘れられません。
うちも、男の子なので、女の子の物って可愛いから、いいなぁって思うけど、女の子のママは、もっと大変なんですね(^^;

by れみりん (2008-04-04 02:11) 

春の小川

こんにちは。
「旬くんが類をやろうと佐野をやろうと“王子”とは思えません」
この一言に食いついてしまいました(笑)
そうなんですよね、特に私は源治から入っているので・・
「類」に気持ちが行きません、素敵ですよもちろん、
映画も行きますよ、前売り買いますよ、・・でも役の一つです。

井上芳雄さんの舞台、いつか拝見したいものです。
純粋培養的なクラッシック畑の彼の歌声は圧巻でしょうね。
井上さんと藤原さんと旬くんとの舞台共演、
今となっては夢物語でしょうね。
by 春の小川 (2008-04-05 10:39) 

にゃん

井上さんのフェルゼン、いいですね~
ベルバラ大好きです!

類@白スーツは、確かに王子ではあるんですが、
腹に一物があるっぽいっていうか、
ちょっと斜に王子ちっくである自分を眺めているというか、
根っからの“王子”っぽくはない気がするんですよね。
まあ、私はそんなちょっと黒いところが好きなんですけれども。(笑)

れみりんさん、ビンゴです。
ブランドはモナリザでした。
よくご存知ですね~…って、有名なんでしょうか(疎いもので)。
by にゃん (2008-04-07 14:21) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。